「テンペスト」

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。

今私が読んでいる文庫本「テンペスト」、面白い!

19世紀の琉球王朝のお話で、厳しい父の命に従って男として生まれ変わり様々な経験をしていくのですが・・。今では信じられないけれどこの時代、女性は堂々と勉強することも出来ませんでした。本に出てくる主人公の女性は、ものすごく頭の良い天才なのに!

そして昔の王宮の中、どこの国もそうかもしれませんが本当に別世界。嫉妬や非難もたくさんあり・・

テンペストは全4巻で完結。いつも持ち歩いています(笑)

因みにテンペスト「tempests」とは大嵐、暴風雨、大騒動、大荒れなどの意味があるそうです。