トイレのありがたみ

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。

今日は世界のトイレの日。
世界ではいまだに、3人に1人がトイレを使えない現実があるそうです。トイレがないことが原因で命を落とす子供達が沢山いるのが現状。日本では考えれれないことですが、そんなトイレにまつわる問題を世界のみんなで考え、少しでも改善していくためにという目的で2013年、国連は毎年11月19日を「世界トイレの日」(World Toilet Day)と定めました。

日本に住んでいると当たり前になってしまいましたが、海外の方は日本にトイレの素晴らしさにビックリするそうです。
まず無料ということ。日本のトイレはどこでも無料ですが、トイレが有料のヨーロッパからの方々はこれにまず感動します。確かに私が以前ヨーロッパに旅行した時、お金を払ってトイレを使うことに驚きました。

そして「音姫」。その存在に驚いて、感動するそうです。

あとは普通に紙を流してもオッケーな点。使ったトイレットペーパーを便器に流してはいけない国もあります。排水管の直径が狭い、水で分解するトイレットペーパーを作れないなどの理由から使った紙はゴミ箱に捨てるという国も少なくないそうです。

他にも色々。毎日必ず使うトイレ。その存在に感謝しないといけませんね!