乾物万歳

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです

今日は一段と寒かったですね!もう真冬。

さて、今日は乾物の日。干物の「干」の字が「十」と「一」で成り立ち、乾物の「乾」の字は「十」「日」「十」「乞」から成り立っていることから、これらを組み合わせると「11月20日にかんぶつを乞う」と読むことができるため。だそうです。日本かんぶつ協会によって2010年に制定された記念日。「日本の伝統的な食文化である乾物を味わい、楽しみ、学ぶ日」として制定されました。

煮干しや高野豆腐、ひじきや切り干し大根大根。栄養価が高い、ストックしやすい、価格が安定してる、必要な分だけ使えるなど利点は沢山!

そんなご先祖様の知恵の乾物。「乾物は未来食」。そう発信しているプロジェクトもあるそう。

乾物なら、フードロスを減らすことができます。(余った食材を干すことで活用できて、形が悪い野菜でも商品になる) 、エコな生活を実践できます。(冷蔵庫いらないので電気も使わない)、いざという時の非常食にもなります。(長期保存しておけるから) 、CO2を削減できる。(軽いので、輸送の燃料が少なくて済むから)、買い物も料理も実はラク。(軽いから。切ってあるものが多いから) 、添加物がないので安心。(乾かすだけだから)。という理由が述べられていました。

乾物スゴイ!これは活用しないと損ですね!