シニアの本来の意味

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。
 
今日からゴールデンウィークスタート。お日様がキラキラ輝いていましたね!
 
さて、今日は4月28日。「シ(4)ニ(2)ヤ(8)」の語呂合わせでシニアーズデイです。
定義としては、大人として自信を持ち、自分なりの価値観で生活を創造する人々のをシニアと呼び、40代後半から50代後半のそのシニア世代に共感される音楽やメッセージの発信の日にしたいということで、作曲家やプロデューサーとして知られる 中村泰士 氏が制定しました。

シニア。本来シニア(Senior)とは、年長者、上級者、先輩の意味で「尊敬の念」を含みます。そしてシニア世代が何歳からの人に対して使われるか決まりはありません。

私は、「シニア=高齢者、お年寄り」というように捉えて欲しくないと思います。本来の意味が指すように、seniorとは年長者や先輩と言った意味があり、人生の経験者。尊敬の気持ちを持って敬意を払いながら接する世代の方だと思います。

若い人にはない知恵や経験をもつシニアの方。そして今の60代70代の方は物凄く元気です!むしろ若い人より元気。人生100年時代と言われる今、自信を持って胸を張って楽しく過ごしましょうね!