ドレミ

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。

今日、6月24日は「ドレミの日」。

11世紀の初頭、イタリアの音楽教師グイード・ダレッツォがという方が、音階とそれを記録する楽譜の原型を作ったのを記念として。

ドレミといえばサウンドミュージックで有名なドレミの歌。

「ド〜はドーナツのド」、「レ〜はレモンのレ」と、小さい頃皆さんも口ずさんでいたのではないでしょうか?でも英語版は全く違う歌詞!

ドゥは鹿、メス鹿のこと、レィは黄金の太陽から降り注ぐ光の一筋、ミーは名前、自分自身を呼ぶ時の(名前)、ファーは走るのに長い長い道のり、ソゥは糸を引っ張る針の様子、ラはソに続く音、ティはジャムとパンと共にする飲み物、そしてそれ(シ)が私達をドへ戻すのよ。

となるそうです。

調べてみると中国語、イタリア語など各国違いました。同じドレミの歌なのに何だか不思議!

因みに私は日本語版のドレミの歌「シーは幸せよ〜」が1番好きです(╹◡╹)