自由なちらし寿司

 

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。
 
今日はちらし寿司の日!卵焼きなどの調理用食材を製造販売する会社、あじかんが制定した記念日で、岡山のちらし寿司「ばら寿司」が生まれるきっかけとなった藩主・池田光政の命日にちなんで。

このちらし寿司のエピソードが又面白いのです。

当時の藩主であった池田光政公が備前(現在の岡山県)で大洪水があったとき、「一汁一菜令」(汁物1品、副菜1品以外は禁止)という倹約令を出したことがきっかけなのですが・・

少しでも美味しい食事をしたいと考えた庶民は、魚や野菜をごはんに混ぜ込んで”一菜”とし、その時の混ぜご飯が、現在のちらし寿司の原型となったとされているそうです。

頭いい!

ちらし寿司は家庭によって様々だと思います。何を乗っけても何を混ぜてもいいのが楽しいですよね。先日母が作ってくれたちらし寿司には、かんぴょうなどの具が入ったご飯に、ブリやアジなどのお刺身がいっぱいのっていました(^O^)

季節や行事に合わせて好きなように出来るちらし寿司。皆さんは何をのっけてみますか?