駅弁

こんにちは、マハナスマイルヨガの玲美です。

今日は海の日ですね!
 
さてそんな祝日の今日7月16日は駅弁の日でもあります。
明治18年、開業した日本鉄道の宇都宮駅で、日本初めての駅弁が発売されました。

 
宇都宮市で旅館業を営んでいた白木屋嘉平さんという人が、その旅館に宿泊していた日本鉄道の重役さんの勧めで販売したのがきっかけ。
日本で初めての駅弁の値段は5銭。おにぎり2個とたくあんを竹の皮に包んだだけのお弁当だったそうです。
 
ところが今や、駅弁大会もある程沢山の駅弁がありますよね。
 
蛸壺のような容器に入っている「ひっぱりタコ飯」、新幹線の容器に入った「W7系新幹線弁当」、植木鉢やインテリア雑貨として再利用できる人気の「峠の釜飯弁当」などなど。
 
電車の中で食べる駅弁は、コンビニやスーパーで買うお弁当とやはり違いますよね!その旅先でしか味わえない。という理由もあるけれど、堂々と電車の中で駅弁を広げて味わえ、(普通の電車では無理ですよね・・)ワクワクしながらも食べるのが何よりの魅力であり、楽しみ!
 
駅弁食べながら旅行行きたいなあ