こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。

今日は終戦の日。そんな終戦の日に「すいとんで平和を学ぶ日」というのがありました。

8月15日の「終戦の日」は、日本の平和を祈る日として今日も続いており、戦時の代用食とされていたすいとんを食べながら平和の尊さを考えることを目的に作られた日です。

お年寄りの方々が入所しているある福祉施設では、8月15日の今日、終戦記念日には「すいとん」をだすそうです。

すいとん、私は大好きなのですが、それはいっぱい具が入っていて、味付けもしっかりした美味しいすいとん。でも当時は小麦粉も不足していたため、大豆粉やトウモロコシ粉、あるいは糠(ヌカ)などが混ぜられたものを材料として、すいとんが作られていたそうです。
美味しい訳がないですよね・・

戦争は戦いで亡くなられた方よりも、むしろ病気や飢えで亡くなった方の方が多いかもしれません。今の日本はどんどん食べ物が廃棄されていて、本当に悲しいです。もっと食べ物を大事にしなくてはいけませんね。