斎藤茂太さん格言「それぞれのペース」

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。

急に秋らしい気温にまってきましたね。雨もこちらは結構降っています。

さて、今日の名言格言は斎藤茂太さんから。

「うさぎ型の人は、うさぎのようなペースで生きるのがいい。
うさぎのような能力を発揮するだろう。
かめ型の人は、かめのようなペースで生きるのがいい。
かめのような能力を発揮する。
世の中には、さまざまな能力がある。なぜかといえば、さまざまな能力が「必要だから」である。さまざまな能力が活動することによって社会は成り立っている。」

私達は社会生活をしている中で、無意識的に基準のようなものを決めてしまっているような気がします。
もちろん協調性は大事ですし、一人で勝手に別なことをしては社会生活が成り立ちませんが、人にはそれぞれのペースがあります。うさぎのように早く物事を判断して行動できる人もいれば、カメのようにゆっくり時間をかけて考え行動することで自分の能力を発揮できる人も。世の中の人がみーんな同じペースで進み、行動していたらつまらないように感じます。

「スピードが速いから良い。(悪い)」「ゆっくりだから良い。(悪い)」ではなく、どちらもOK。それぞれがそれぞれのペースで自分の力を出せたら良いと思います。

「心の名医」とまで呼ばれた精神科医、斎藤茂太さん。「モタさん」の愛称で親しまれました。
歴史の教科書にも登場するほどの有名な歌人であり、精神科医でもあった斎藤茂吉の長男として、1916年に生まれ、弟はなんと作家の北杜夫さんなんですって!