ヨガ言葉「ナマステ」

こんにちは。マハナスマイルヨガのremiです。

ヨガクラスに出ると「ナマステ」と挨拶することが多いと思います。「NAMASTE」は古代インドで使われてきたサンスクリット語。

NAMAS(ナマス)とTE(テ)という2つの言葉からできていて、

ナマス=礼拝する、敬う、身を任せる

テ=あなた、あなたに存在する内なる光(人間一人ひとりが持っている本来の輝き、内なる神)

という意味合いがあります。

簡単に言ってしまうと、「あなたの神聖な(魂)に敬意をはらいます」というような意味。

どんな人にも本来自分の中に神様がちゃんといて、その中の神様に対して敬意を払う。ナマステは自分の中の神様、そして相手(周りの人)の中の神様にも敬意を表します。という気持ちで手を合わせましょう!

因みに、仏教の「南無阿弥陀仏」の「南無」も「ナマス」から来ているそうです!

みなさんに幸せがありますように。

Namaste